春よ来い - 道南暮らし

季節感あふれる道南の暮らしを綴ります

函館野外劇、今年は開催!

昨年は中止された函館野外劇、今年は開催しています!
「星の城、明日に輝け」。。。楽しみにしていました~😊

f:id:harukoisan:20210719113100j:plain

五稜郭公園 一の橋広場、午後3時スタート!
…コロナ対策として、今年は昼間の無料公演となっています。

まず、アイヌの妖精コロボックルと長老が登場。
縄文、アイヌ、和人、黒船来航…と函館の歴史を語りながら野外劇が進みます。

黒船来航のシーン・・・

f:id:harukoisan:20210719202234j:plain

f:id:harukoisan:20210719202223j:plain

ペリー提督。修学旅行の中学生に気軽に声をかけていました。
 …本物のペリー提督も多くの住民と触れ合ったそうです(笑)

f:id:harukoisan:20210719113110j:plain

アメリカ、フランス、イギリスの国旗が青空に映えます。
ぴったり合ったフラッグダンスは圧巻でした✨

箱館戦争のシーン・・・

f:id:harukoisan:20210719113127j:plain

f:id:harukoisan:20210720141227j:plain

旧幕府軍と新政府軍、歴史の舞台となったのは、まさにここ五稜郭
そして主役はやっぱり土方歳三。野外劇ならではのド迫力でした!

f:id:harukoisan:20210719113138j:plain

そして時代は昭和へ。
市民創作の野外劇は子供たちが大活躍しています。
子供たちの笑顔がはっきり見えるから、昼間の公演もいいですねぇ~

f:id:harukoisan:20210719113151j:plain

フィナーレは出演者が勢ぞろい!
観客も一緒に「星のまち、Hakodate」を合唱🎵
函館のドラマチックな歴史と、演じてくれた人たちの元気に、ありがとう~😍

道南四季の杜公園、ラベンダー咲く

「道南四季の杜公園」
函館山津軽海峡を望む高台にあります。

f:id:harukoisan:20210715105713j:plain

北ヨーロッパに自生するツツジ科の低木『ヒース』が咲く花の丘。
その中で紫色の帯のように見えるのはラベンダーです🎵
毎年チャレンジしていたのですが、ついに見頃に訪れることができました~

f:id:harukoisan:20210715105731j:plain

あれ、ヒースの丘にラベンダー?
じつは、ヒースはどちらかというと地味な植物…💦
ラベンダーを植栽して、ヒースにはない青色を楽しんでいるそうです。

f:id:harukoisan:20210715105739j:plain

満開のラベンダー。さわやかな夏の香りがします。
ミツバチもラベンダーの花に夢中!

f:id:harukoisan:20210715105750j:plain

ヒースには様々な種類がありますが、これは「エリカ」。
よく見ると、釣鐘型のかわいい花をつけています。
スコットランドのような冷涼な荒地に咲く花ですが、やっぱり夏がいいね!

f:id:harukoisan:20210715105808j:plain

入口の花壇に咲いていました…これはクレマチス
涼しげな青い花、パシャリ📷

f:id:harukoisan:20210715141601j:plain

こちらも涼しげな青い花
アジサイが咲き始めました。北海道では夏を告げる花。
いよいよ暑い夏がやってきますね!

あんずジャムづくり

長野から「あんず」が届きました。甘酸っぱい香りが広がります。
ふるさとの香りです。いつもありがとう~😊

f:id:harukoisan:20210708201115j:plain

さっそくジャムを作りましょう。

材料は
・あんず(種を抜いて正味) …2.5Kg
・砂糖(あんずの50%)   …1.25Kg
・レモン汁         …小さじ4

f:id:harukoisan:20210708201125j:plain

作り方は
①あんずを半分に割って種を取り出す
※よく熟していたので、ねじるとパカーンと割れました。

f:id:harukoisan:20210708201137j:plain

②鍋にあんずと砂糖を入れて1時間くらい放置
③砂糖が溶けてきたら中火にかけて煮詰める
④弱火にしてレモン汁を加え、とろみがついたら火を止める
※こんなにゆるくて…と思うところでストップ! 冷めるとちょうどいい

f:id:harukoisan:20210708201147j:plain

煮沸消毒した瓶に詰めたら完了!
自家製のあんずジャムができました。

f:id:harukoisan:20210708201158j:plain

きれいな色。。。
パンに塗ったり、ヨーグルトにかけたり、
じゅわっと甘酸っぱさが広がります。

私にとってあんずジャムは おふくろの味🎵
水飴が入ってもっと甘くて、よく練り込んでいて固かったけど…
美味しかったな~~~😘

旧函館区公会堂、修復されて色鮮やかに。

函館元町の「旧函館区公会堂」が 修復工事を終えて公開されています。
建てられたのは明治43年、当初の姿がよみがえりました。

f:id:harukoisan:20210629091653j:plain

ブルーグレーとイエローが塗り直されて色鮮やかです。
かつて公会堂は政財界の社交場でした。この華やかな色合いが似合います。
さっそく建物の中へ。。。

f:id:harukoisan:20210629091743j:plain

音楽会や舞踏会などが行われた大広間です。
今回の修復では床材「リノリウム」の色柄まで復元。寄木風かな?

今もコンサート会場として、市民に利用されています。
市民のための「重要文化財」であることが嬉しいですね😊

f:id:harukoisan:20210629091754j:plain

大広間からバルコニーに出ると、
わぁ~素晴らしい眺めです。

f:id:harukoisan:20210629093222j:plain

バルコニーから見上げると、瓦の屋根!
華やかな洋風建築と思っていましたが、和の要素もありました。

f:id:harukoisan:20210629091814j:plain

皇族方が使用した貴賓室。
高貴な紫色のソファーにうっとり…

f:id:harukoisan:20210629091825j:plain

渡り廊下に柔らかな陽が差し込んでいました。
ガラス窓の影が波打って、何とも幻想的でいい感じ✨

f:id:harukoisan:20210629091835j:plain

元町公園から公会堂を眺めると…
バラの花咲く元町公園は前庭です。
修復された公会堂は、堂々として存在感を増していました。

八郎沼公園、スイレンが咲き始めました。

雨の日が続いています。。。北海道は梅雨がないって言うけど、ホント?
ちょっとした晴れ間を見つけて、北斗市の八郎沼公園に行ってきました。

f:id:harukoisan:20210623201446j:plain

スイレン」の花が 水面を埋め尽くすように咲いていました。
朱塗りの橋も調和して、まるで絵画を見ているよう。

f:id:harukoisan:20210623201518j:plain

スイレンの花が咲き誇っています。
葉っぱも茂って元気いっぱい!
若い巻き葉は 開くスペースを競い合うように水面に立っていました。

f:id:harukoisan:20210623201532j:plain

きれい~✨

f:id:harukoisan:20210623201546j:plain

清楚に咲く白いスイレンも。

f:id:harukoisan:20210623201600j:plain

ちょっと深呼吸~~~
八郎沼公園には自然がいっぱい。
カメラ片手に散歩すれば 新たな発見もいっぱいです🎵

五稜郭の箱館奉行所を見学

五稜郭公園の中に復元された箱館奉行所
ペリー来航の幕末から明治維新まで、函館の歴史を語る人気の観光スポットです。

f:id:harukoisan:20210615202957j:plain

あれ? 観光客の姿が全くありません💦
以前は修学旅行生が集合写真を撮ったりして賑わっていましたが、緊急事態宣言の影響には驚きます・・・。
いつもは素通りしていたけれど、この際だもの見学することに!

まずは再現ゾーンへ。

f:id:harukoisan:20210615203111j:plain

4つの部屋からなる72畳の大広間。
畳、柱、天井、障子など忠実に再現されています。
風や光が通る欄間がステキ~。日本の和風建築っていいですね✨

ここにお奉行さまが座っていた? 榎本武揚土方歳三は?
誰もいない大広間。ガイドさんもいなくて私だけ。ちょっと怖い!

f:id:harukoisan:20210615203100j:plain

柱の「釘隠し」
細かいところにも職人さんの技が光っています。

f:id:harukoisan:20210615203037j:plain

大広間の脇には畳廊下。
誰もいないから走っちゃう?

f:id:harukoisan:20210617092739j:plain

続いて歴史ゾーンへ。ざっくりですが、
箱館開港により、江戸幕府の役所として完成(1864年
★榎本ら旧幕府軍がやってきて占拠、箱館戦争の舞台になる(1868~1869)
★新政府軍が勝利、その後に解体される(1871年) 

えっ、存在したのは たった7年間。

f:id:harukoisan:20210615203015j:plain

屋根の上に突き出ているのが 太鼓櫓(たいこやぐら)ですね!
箱館戦争では目立ち過ぎて照準にされ、砲撃により死傷者も出たそうです。

いやぁ見学してよかった。。。

f:id:harukoisan:20210615203126j:plain

箱館奉行所の周辺に植えられているアカマツは、とても立派!
樹齢150年、五稜郭を当時からずっと見守っています。
そのアカマツと新しい建物、いい感じに調和していました。

初夏の函館山めぐり

函館山を歩くガイドツアー「初夏の函館山めぐり」に参加しました。
ついこの前まで春の訪れを喜んでいたのに、もう初夏って早い・・・

f:id:harukoisan:20210607145029j:plain

樹々の間から眺める函館の街。
歩いてきた疲れも忘れて、癒されます~

f:id:harukoisan:20210607145050j:plain

樹齢200年の大木もあるという杉林を歩きます。
かつて函館山は伐採でハゲ山になってしまい…、江戸後期に杉を植栽して森林を保護したそうです。立派な杉に成長していますよ!

🎵ミョーキン、ミョーキン、ミョーケケケケ🎵
蝦夷春蝉の大合唱。初夏だぁ

f:id:harukoisan:20210607145125j:plain

あっ、足元の葉っぱに 蝦夷春蝉さん!
透明の羽がキレイです。

初夏の函館山は花ざかり!

f:id:harukoisan:20210607145144j:plain

サラサドウダン(更紗灯台、更紗満天星)
ツツジドウダンツツジ
風鈴のようにかわいい花。鮮やかな色でスジ模様も魅力的。
ドウダンって色んな種類があるのですね。

f:id:harukoisan:20210607145234j:plain

エゾノコリンゴ(蝦夷小林檎)
バラ科 リンゴ属
枝いっぱいに白い花を咲かせています。地面に散った花びらは雪のようでした。
リンゴだから美味しい実がなるのかしら…

f:id:harukoisan:20210607145247j:plain

オオハナウド(大花独活)
セリ科 ハナウド属
高さは1メートル以上、空に向かって傘のように広がる花は不思議な美しさです。


初夏の函館山は、
木々も草花も鳥も虫もイキイキと輝いていました✨